Aspire X(アスパイアエックス)

Aspire X

2008年発売のNEC AspireXシリーズは、ディーティー本舗でも問い合わせ数No.1の機種となります。 こちらの機種を一言でいうと、組み合わせが自由で拡張性に優れた機器と言えます。
他メーカーのように、主装置がS/M/Lというサイズ分けがされていない為、サイズ内での上限は無く 最初は小規模で導入しても、モジュールを拡張していく事で、システムを入れ替える事無く、システムの拡張が可能です。 (システム上の上限は御座います)
主装置のみでは無く、電話機も同じくモジュール式となっている為、ボタン数や、受話器、サイドパネル等も 使用環境に応じて自由に組み合わせる事が可能です。
小人数な企業様から、大規模コールセンターまで、幅広いユーザー様に利用されているシリーズとなります。

  • 主装置
  • 卓上電話機
  • コードレス
  • ユニット

選ばれる理由

①マルチキャリアに対応していて、様々なIP電話サービスをご利用いただけるほか、IPネットワークを利用した拠点間の内線通話でコスト削減を実現。
②主装置を置かずに、インターネット回線で使用できる電話機。サテライトオフィスが簡単にできる。
③デザインもさる事ながら、操作性抜群の電話機端末たち。
④幅広いユーザーに対応した加算式のモジュール構成でお好みの仕様を実現。

上記で説明しきれませんでしたが他にもたくさんの機能が満載です。

取扱説明書/マニュアル

Aspire Xの取扱説明書/マニュアルに関しましては、NECのホームページよりダウンロードしてご利用下さい。

https://www.necplatforms.co.jp/product/aspire_x/support_doc.html

仕様

Aspire Xの仕様に関しましては、以下をご確認下さい。

項目 基本モジュール 基本モジュール+
拡張モジュール
19インチ
モジュール
交換方式 通話路方式 PCM時分割一段スイッチ方式
制御方式 蓄積プログラミング制御方式
プロセッサ 32bitマイクロプロセッサ
中継方式 個別着信方式、NTTダイヤルイン、付加番号ダイヤルイン
分散応答、デジタルボタン電話応答方式(直結型、索線型)、
INSネットダイヤルイン方式着、着サブアドレスダイヤルイン方式、中継台方式(DSSコンソール)
配線方式 DT300シリーズ:2芯 スター接続(RJ-61ケーブル集中配線方式)
DT700シリーズ:LAN接続
使用電源 使用電源 AC100±10V(50/60Hz)
使用電源数 1 1 1
消費電力 待機時 96W
最大 120W
内線呼量 6.0HCS/内線
選択信号種別 DP(10pps、20pps)、PB
使用周囲温度/湿度 0~40℃/10~90%RH(但し結露なきこと)
外形寸法(主装置)W×H×D[mm]※1 374×220×115 374×430×115 430×87.9×411
重量(主装置)[kg] 約2.2 約3.7 約6.7
主装置外装色 カラー名称:ライト・ミスト・ホワイト
技術基準等適合認定番号 ACD07-0562001
L07-0088
ACD10-0149001
L10-0040
※1
主装置床置金具、壁掛け用金具、ケーブルカバーセットは含みません。設置寸法ではありません。
設置方法および環境により設置寸法は変化します。
システム構成により、必要な基本モジュール、拡張モジュールの数量が変化します。
使用電源、消費電力は、基本モジュール及び基本+拡張モジュールの値ですので、モジュールの数量により変化します。